消費者金融以外で即日10万借りる方法

消費者金融以外で即日10万借りる方法

消費者金融以外で即日10万借りる方法

カードローンやクレジットカードの検討

クレジットカードのキャッシング機能やカードローンはお金を借りるためのものです。もしすでにクレジットカードを持っているのであれば、もしかしたらキャッシング枠が設定されているかもしれません。カード会社から会員サイトにアクセスして案内が出ている場合は、クリックするだけでキャッシング機能を加えることができるカードもあります。ほとんどのカードローンやクレジットカードは10万円が最低契約金額となっていますので、10万円を希望している場合はどこカードを選んでも希望を満たすことはできるでしょう。新規で申し込みをする場合は即日でカードを受け取ることができるかどうか注意が必要です。

カードがないと自由にお金を借りることができないためです。金融機関によっては契約が完了すれば振り込みをしてくれるところもあります。銀行営業時間内でないと着金しませんので、振り込みを利用する場合は平日の15時までであるという条件が加わります。キャッシングを利用すると一括払いかリボ払いか選択できるものもあります。リボ払いは毎月決められた金額ずつ支払いを行い、一括は翌支払い月に10万円に加えて利息手数料の支払いが必要になります。10万円借りた後にすぐに収入があるのであれば、一括払いを選択しても良いでしょう。一括払いはあとからリボに変更することも可能ですが、その逆にリボだったものを一括に変更することはできません。

それでもまとめて支払いを終わらせたい場合は、ATMを利用して随時返済しなくてはなりません。コンビニなどのATMでは小銭の入金ができませんので、最後は振り込みによる支払いが必要な会社もあります。会社によってはお釣りが出るところ、払いすぎたものは銀行口座に払い戻されるところなど、対応はさまざまです。10万円を1ヶ月借りた場合の1ヶ月の利息は、年利18%で1500円ほどです。キャッシングやカードローンの利息は日割りされていますので、早く返せば返すほど負担は小さくて済みます。

ただし消費者金融ではコンビニATMの手数料が有料となっているところも多いので、回数を分けて支払うとATM手数料のほうが高くなってしまうこともあります。返済方法と手数料に関しては契約した金融機関の説明をしっかりと読んでおかなくてはなりません。銀行のカードローンはその銀行のATMを利用すれば、手数料が発生しないところがほとんどです。

 

それ以外で10万円工面する方法

お金が必要だということを人に知られるのを嫌がる人はたくさんいますが、実は日本人の3人に1人は何かしらの借金を抱えていると言われています。もし両親や兄弟、友人にそうした相談ができる人がいるのであれば、10万円を即日で借りることができないか相談してみるのも良いかもしれません。ただし借りた後にしっかりと返済し、信用を守っていかないと、人間関係が崩れてしまうリスクもあります。身内から借りるときに大切なのは、少しでも疑われないようにすることです。10万円借りた後にまた貸してほしいという相談をしたり、返す日に遅れてしまったり、借りているのに遊んでいることを知られてしまうと、貸した側はあまりいい気持ちはしません。

もし身内から借りることができない場合は、所有物を使う方法があります。最も簡単なのが「質屋」の利用です。質では信用情報の確認はありませんので、金融事故を起こしてしまった履歴がある人でも問題なく利用することができます。貸し出しができる金額は質に入れる品物の査定額によって変わってきます。一般的にブランド品や貴金属を質に入れるイメージがありますが、家電を扱っているところもあります。ただし冷蔵庫や洗濯機のような大型家電は持っていくことができませんし、取り扱っていません。持ち込む前に型番を伝えて大まかな査定をしてもらうと良いでしょう。特に貴金属やブランド品は10万円以上の価値になるものも多くあります。

返済できなくなってしまっても質流れと言って商品を差し押さえられるだけで、その後の支払い義務を負わないのが質の特徴です。貸し出し過ぎをしないように査定額内でも希望額までの借り入れが推奨されていますので、高価なものを預け入れて質流れをしてしまわないように注意しましょう。また、グレーゾーンではありますが、車金融というものもあります。こちらは車を担保に入れてお金を借りる方法です。業者によっては担保に入れていても車を使うことができるところもありますが、リース代がかかることもあるので注意しましょう。

車融資では10万円以上の金額を工面することができる可能性が高くなりますが、安心して利用できる業者かどうかをしっかりと判断しておかなくてはなりません。中には高額な手数料を取ろうとする悪徳金融もいるからです。こちらもローンが終わっているのであれば信用情報の確認はされません。お金を工面する手段はたくさんありますが、手数料や借り入れ期間などを考え、適切な会社を選びましょう。